テキサス親父

この状況でも中国産を使うということは、乗り換え出来ないほど中国産は安いってことでしょう。

>>> 【テキサス親父】日本マクドナルドは失敗から学ぶべきではないか?

【テキサス親父】日本マクドナルドは失敗から学ぶべきではないか?

2014年後半に日本のマクドナルドで販売されているチキンに賞味期限切れのものが含まれていたとのニュースは、記憶に新しい。 その後、マクドナルドの業績は一気に下降線を辿った。

2014年7月21日には、日本マクドナルドで、販売されているチキンナゲットに期限が切れている鶏肉が含まれている恐れがあるとして販売が中止された。 その後タイ産のナゲットに変更されたため7月23日にはすべての店舗で通常通り販売が再開された。

この問題が発覚したにも関わらず、同社は、未だに中国産の材料を使用している。中国の食の安全は、以前から、問題視されており、さらに、中国人の性質上、安全の確保が非常に難しいと思われている。

一方、米国のマクドナルドは、中国からの一切の材料輸入をやめた。

自国民の命も軽視する中国からの食材の輸入は、危険と隣り合わせである。

>>> youtube.com
スポンサーリンク