普通ならネタで買ってるんだと思ってしまいますが、今の中国の現状を考えると意外と 真剣なのかもしれません、しかし、末期感漂ってますなあ…

>>> Air pollution in China: Air quality is so bad, Canada sells China cans of fresh air

>>> youtube.com

カナダ企業、新鮮な空気を中国へ「輸出」 売れ行き好調

大気汚染が深刻化する中国に、カナディアンロッキーのきれいな空気を――。カナダの新興企業「バイタリティー・エア」が輸出を始めたボトル入りの空気が、好調な売れ行きをみせている。

バイタリティー・エアによると、カナダ西部のスキーリゾート、バンフの空気を詰めたボトルを先月中国で売り出したところ、最初に出荷した500本が2週間で売り切れた。次回の出荷に向けた予約は、すでに1000件近くまで達しているという。

価格はボトルのサイズによって違い、1本14~20ドル(約1700~2400円)だ。

ラムさんは自宅のあるエドモントンから約2週間ごとに4時間かけてバンフを訪れ、空気をボトルに詰める手作業に10時間を費やす。「我が社が扱うのは新鮮な空気。オイルやグリースを使う機械は通したくない」という。

香港理工大学でマスク着用の効果などを研究するウォレス・リャン教授は、「大気中の有害な粒子を排除することが必要。ボトル1本の空気では解決にならない」と懐疑的な見方を示す。

しかしラムさんは「中国が食品や水を輸入しているなら空気を輸入してもいいはずだ」と、同国での事業にますます意欲を示している。

>>> CNN.co.jp

スポンサーリンク