こうして見ると、インドも大気汚染は酷いはずなのに、二酸化硫黄濃度は低いです。
やはり、中国の大気汚染はあらゆる毒素が凝縮されているってことですか…?

二酸化硫黄 - Wikipedia

二酸化硫黄(にさんかいおう)は、化学式SO2の無機化合物である。刺激臭を有する気体で、別名亜硫酸ガス。自動車の排気ガス等で大量に排出される硫黄酸化物の一種であり、環境破壊、自動車公害の一因となっている。

二酸化硫黄は火山活動や工業活動により産出される。石炭や石油は多量の硫黄化合物を含んでおり、この硫黄化合物が燃焼することで発生する。火山活動でも発生する。二酸化硫黄は二酸化窒素などの存在下で酸化され硫酸となり、酸性雨の原因となる。

>>> Wikipedia

スポンサーリンク