要するに「自分とこの検査機関では合格だった。うちの連中をやるから再度検査しろ。アレも持参するから 今度は合格間違いなしだ!」ってことですよね…

20160115-6
>>> image: tech.qq.com

小米の空気清浄機が品質不合格と認定

1月14日、上海市質量技術監督局は、小米(シャオミ)、ENVIONなどの空気清浄機が最近の抜き取り検査で規定に合わないと認定した。そのうち、小米はクリーンエア供給率(CADR値)と騒音の2つの指標の不合格で「品質問題が深刻だ」と認定されたと発表した。

これに対し、小米側は「上海環境保護産品質量監督検験総站が小米の空気清浄機(第1世代)を対象に安全や電気性能などに対して測定を行った結果、CADRと騒音以外の指標はともに合格だ」と強調し、「検査機関にたずね、上記の差異が出たのは抜き取り検査でクリーンエア供給率のテスト用清浄スピードが高速のスピードに達していないのが原因となった」と付け加えた。

騒音について、小米側は「検査機関が実施しているテスト基準『空気清浄機』GB/T18801-2008は勧告基準であり、強制基準ではない。全ての企業と機関はこういう基準を取るかどうかを決める権利を持っている。こういう基準に違反しても、経済的又は法的責任を負わない」と指摘した。

小米は上海市質量技術監督局に再検査の申請を提出し、自社の技術者を派遣して現場へ確認に行くことをも求めた。

>>> news.livedoor.com

スポンサーリンク