埋めた企業は論外ですけど、当局や養豚場にも問題ありそうな気もします。土地の地質調査とか 事前調査やらずに養豚場始めたのでしょうか…

>>> 中国の養豚場で大量6000トンの有害物質発見

中国の養豚場で大量6000トンの有害物質発見

昨年9月末、雲南省の実業家周建鋼氏が、『新浪微博』(シナウェイボー)で、江蘇省靖江市の養豚場に1万トン以上の有害廃棄物を埋め立てたと告発しました。わずか1日で25万アクセスを集め、社会に大きな懸念を引き起こしました。現在、「靖江毒地」から6千トンの有毒廃棄物が掘り出され、環境保護部門は不満の的となっています。

『北京青年報』は、昨年、「靖江養豚場の地下に埋められた危険廃棄物は江蘇揚農化工集団と江蘇長青農化のもので、それ以外に、養豚場の前身である候川石油化学も多数の化学企業の廃棄物を処分した」と報じました。

養豚場長で告発者である周建鋼氏が、黒い化学残留物を掘り出し、専門機関で鑑定した結果、3%の揮発性有機化合物が35種類含まれ、うち、トルエンとトリクロロベンゼンが約40%を占めていました。

>>> youtube.com