30円が高いか安いかの問題ではないのかもしれません。国民性なのかもしれません。 そう考えると、タイ人は中国人より日本人に近いような気がします…

>>> คลิป | นักท่องเที่ยวจีนเบี้ยวจ่ายค่าอาหารอ้างแพงเกินจริง

>>> youtube.com

【タイ】中国人観光客が30円を巡って警察沙汰にあきれ果て嘲笑するタイ人

2016年3月25日、タイ北部の観光地チェンマイには、この数年多くの中国人が陸路空路でやってくる。その増加率に合わせて、様々なトラブルが持ち上がっているのだが、地元のタイ人たちは、それでも大切なお客様だと我慢しているようだ。

3月初旬、チェンマイのレストランで、ある中国人グループが飲食費を支払ってくれないと、警察に通報が入った。地元警察官が駆けつけて、中国人観光客に話しを聞くと、請求が多く、頼んでいない氷代10バーツ(約30円)が乗せられているとして、支払いを拒んだとの事。

一方、店側は中国人達が缶ビールなどを店外から持ち込んだ。普通なら断るところを氷代として請求したとの言い分。結局、中国人たちは請求額200バーツから氷代を引いた190バーツを支払う事に同意した。

このトラブルはタイのメディアでも報道され、多くのタイ人が呆れ果てている様子だ。

 「なんだって? 10バーツを値切るために警察呼んだの?」
 「10バーツのためにここ迄するなんて、逆に尊敬しちゃうね。」
 「笑えるね。」
 「持ち込めないものを10バーツで持ち込めるようにした店主の計らいがわからないんだね。」
 「計算違いはよくあるから気をつけるけどね。持ち込み料で10バーツなら良心的だよ。」
 「チップすら置いて行かなかったんだろうね。」
 「そうそう、10バーツなんて今はチップにも足りない額だよね。」

>>> headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク