「毒ワクチン」に限らず、毒じゃないもの方が少ないであろうという中国ですが、子供 は自己防衛がなかなか出来ませんから、モロに餌食になってしまいます…

>>> 中国山東省、毒ワクチン蔓延の恐怖、共産党が情報隠蔽

中国山東省、毒ワクチン蔓延の恐怖、共産党が情報隠蔽

山東省の毒ワクチン事件は、20以上の省で5年以上にわたり今も続いています。多くの保護者達は、徹底的に関係者と政府機関を追及すべきだと呼びかけています。政府機関はすでに関連した9つの企業名を公開しており、調査を継続すると発表しましたが、裏では様々な情報を削除しています。

3月18日、澎湃(ほうはい)新聞は朝刊の文章で、あらためて毒ワクチンを発表しました。

夕刊でも再度、容疑者の厖氏が、ワクチン業界の上層部の有力者や下層の業者とどのようなパイプを持っているのかについて詳細が書かれていました。

文章は多くのメディアに転載され、各家庭の安全に関わる深刻なこの事件は、全国を震撼させました。しかし3月22日までに、この事件に関する文章は全て削除されました。中国数字時代の報道では、中国宣伝部の命令で評論禁止となりました。

>>> youtube.com