これほどの事件でもまだまだ氷山の一角なのだと思います。情報隠蔽やってるところからすると、 さらに深い闇があるのでしょう。おそらく底無しです…

>>> 中国毒ワクチン販売員300名が消える、被害者の親5人拘留

中国毒ワクチン販売員300名が消える、被害者の親5人拘留

3月19日、山東省食品薬品局(FDA)が、毒ワクチン販売員300名のリストを公表し、販売員は24の省と市に及んでいます。現在、この300人とは連絡が取れず、また、6名の犠牲者の保護者が、北京で毒ワクチンの危険性を宣伝したことで、うち5名が拘留されました。

河南省の被害者の親孫超華氏が、25日『新唐人テレビ』に伝えたところ、2014年河南省周口で子供360人が期限切れワクチンを接種、うち2人が死亡、多数に障害が残り、麻疹が流行。リストの中に周口の関係者がいると伝えました。

河南省周口ワクチンの被害者の親孫超華氏
「私が思うのは、政府がこれをなかったことにしようとしており、政府が言わなかったら、誰も知らないということです。自分たちが注射されたワクチンは、毒ワクチンかどうか、今ワクチンに関する情報が抑制され始めています。ネット論壇でワクチンを語れば、即削除され、ワクチンと言うキーワードは使えなくなっています」

>>> youtube.com