日本の駅弁は中国でも評判ですから、負けるのは仕方ないってのが大勢ですが、 まさか台湾の駅弁が日本に負けないレベルと知って余程ショックだったようです…

>>> 台湾の駅弁
20160525-14
20160525-15
>>> 中国の駅弁
20160525-16
20160525-17
>>> image: news.youth.cn

日本どころか…台湾の「駅弁」にも惨敗を喫し、ショック隠せぬ中国ネット民たち

中国メディア・中国青年網は22日、台湾の鉄道で販売されている駅弁を見た中国大陸のネットユーザーがショックを隠せなかったとする記事を掲載した。

記事は、中国高速鉄道で販売されている弁当について、国内のネット上で議論が続いていると紹介。45元(約900円)する弁当は高すぎで、15元(約300円)の弁当は手に入りづらいとした。そのうえで、先日ネット上で台湾の人気駅弁を紹介する書き込みが出現、「行列ができて、30分待ち」、「肉、卵、魚、野菜が全部入って格別に旨い弁当がわずか20元(約400円)」などという文言とともに実物の画像が掲載されたことを伝えた。

そして、この書き込みを見たネットユーザーから「もうボコボコというレベルではない」など、大陸と台湾を比較したうえでその「差」に大いに感嘆するコメントや、「行った事あるけど、確かにおいしかった」といった実体験に基づく声が数多く寄せられたことを紹介している。

日本の駅弁が素晴らしい、という中国メディアやネットユーザーの書き込みをしばしば見かけるが、台湾にも「駅弁」文化で大きな差をつけられている現状に、多くのネットユーザーが多少なりともショックを覚えたようである。

>>> excite.co.jp/News