日本のヘイト問題もそうですが、このCMも差別意識とかそんな意図はなくても、 受け手が差別だと感じたらそういうことになってしまいますから、いろいろ微妙です…

>>> Chinese detergent brand Qiaobi (俏比) ad

>>> youtube.com

洗剤で黒人が白い肌のアジア人に、中国のCMに非難殺到

洗濯機に押し込められた黒人が、白い肌のアジア人に変身するという内容の中国のコマーシャルに非難が殺到している。批判の声は国内よりも国外から多く上がっている。

問題となっているのは洗剤ブランド「Qiaobi」のコマーシャル。黒人男性が口笛を吹きながら若い中国人女性にウインクする。女性は男性をそばに呼び、口の中に洗剤のジェルカプセルを入れ、男性の頭から洗濯機の中へ押し込む。男性が悲鳴を上げる中、女性は洗濯機の上に座る。しばらくすると洗濯機の中から、清潔な服を着たアジア人の男性が現れ、女性はにっこりとほほ笑む。

この広告は米国のニュースサイト「Vox.com」で激しい怒りを買った。同サイトでは、中国における黒人差別の事例としてこの動画を紹介。「この広告は露骨な差別だ。中国では人種や肌の色に対する態度が非常に悪い場合があることを思い起こさせるものだ」と述べている。

中国は歴史的にアフリカ系の移民がほぼいなかったが、近年、中国がアフリカ大陸の最大の貿易相手国になるにつれ、アフリカ系の人口が増えている。また、中国では白い肌の女性を称賛する伝統があることが、肌の色が暗い人に対する偏見につながっている。

この洗剤を製造する化粧品メーカーの上海雷尚(Shanghai Leishang)は、電話取材に対して応答しなかった。

詳細 >>> AFPBB News

スポンサーリンク