「悪意」も少なからずあるのかもしれませんが、「遊び心いっぱい」とも言えます。 今の世論だと、舛添さんへ対しては少々の悪意は許される空気ですし…

20160611-4

【関連】 >>> こちらは、東京新聞写真部の渾身の作品