G20の議題に南シナ海問題がならないように工作しておいて、一方はでこんなことやってますから、 習近平さんのコントロールが効いてないのかもです…

20160905-12
20160905-13
>>> Source : MannyPiñol / Facebook

南シナ海・スカボロー礁に中国がしゅんせつ船を展開 埋め立て準備か

フィリピンのピニョール農相は4日、南シナ海・スカボロー礁(中国名・黄岩島)に中国がしゅんせつ船とみられる大型船を展開したことを明らかにした。自身のフェイスブックに投稿した。ロレンザーナ国防相も船が運搬船の可能性があると指摘した上で、埋め立て作業はまだ始まっていないとの見方を示した。

スカボロー礁はフィリピン・ルソン島に近く、中国が人工島を建設した場合は周辺の安全保障上の大きな脅威になる。

農相は同日開かれた安全保障会議で、国防相から空軍が同礁周辺を撮影した写真を見せられたと述べ、中国が展開する大型船の1隻はしゅんせつ船とみられると指摘。「仲裁裁判所の判決にもかかわらず、明らかに軍事基地になる建設活動を続行している」と中国を批判した。

一方、国防相は空軍が3日に同礁を偵察した結果、中国船10隻を確認できたとし、4隻は海警局の船で、残り6隻は確認中だが運搬船と軍船とみられると説明。埋め立て作業はまだ見られないものの、「海警船以外の多数の船の展開は深刻な懸念になる」と述べた。

また、中国は今年初めにも同礁にしゅんせつ船を展開しようと試みたが、米国によって阻止されたことも明らかにした。

外務省は駐フィリピン中国大使を呼び、船を展開させた理由について説明を求めた。

南シナ海問題でドゥテルテ大統領はこれまで、中国を刺激せず2国間対話を重視する方針を示してきた。ただ、農相によると大統領は会議で「中国はなぜわれわれにこのような扱いをするのか」と不快感を見せたといい、中国に対する姿勢が今後変化する可能性もある。

スカボロー礁は2012年に中国とフィリピン両国船がにらみ合い、その後中国が実効支配。今年3月には米軍が、測量とみられる動きを中国が行っていることを明らかにしている。

>>> news.livedoor.com

スポンサーリンク