おそらく気持ちが党内での権力闘争の方にいってしまって、G20どころじゃないのでしょう。 原稿の内容なんか確認もしないでただ読み上げるだけなのでしょう…

>>> 輕關易道,通商寬衣?

>>> youtube.com

【中国杭州G20】習氏の“原稿棒読み”明らかに? ネット上で話題 当局は書き込みや動画を次々削除

中国浙江省杭州で開かれた20カ国・地域(G20)首脳会議の関連会議「ビジネスサミット」で、講演した習近平国家主席が古典から引用した語句を読み間違え、インターネット上で話題になっている。

習氏は講話などで古典の引用を好んでいるが、今回のハプニングによりスピーチライターの原稿を読んでいることが裏付けられてしまった格好だ。

ネット上には、「彼は原稿の内容に関心がなく、何が書いてあったとしても取るに足らないことだった」といった指摘のほか、「彼の威信への打撃は少なくない」「全国民に謝罪すべきだ」との厳しい声も上がった。

G20の一部の国家指導者や企業経営者らが参加した3日の開幕式で、習氏は中国の改革開放に触れた際、「通商寛農(貿易を促進し農政にゆとりをもたせる)」との語句を春秋時代の歴史書「国語」から引用。だが、習氏は「寛農」を「寛衣(服を脱ぐ)」と言い間違えた。中国で使用されている簡体字の農と衣は形が似ているためだ。

ネット上では、にわかに「寛衣」が流行語になり、「(習氏は)服を脱ぎたいと思っていたのか?」などと皮肉った書き込みも多くみられた。中国当局は誤りを指摘する書き込みや動画などを次々と削除している。

>>> sankei.com