「洗脳神曲」とか言われてるようです。たしかに1度聞くとずっと脳内でリフレインします。 ピコ太郎さんは53歳らしいです。世界デビューも決まったみたいです…

>>> 不跳就落伍!「PPAP」超洗腦 「周子瑜」俏皮跳

>>> youtube.com

日本の「ピコ太郎」が中国・台湾を席巻!大物女優ら人気芸能人が相次ぎ「PPAP」マネる―中国メディア

2016年10月6日、日本の「ピコ太郎」が中国で話題となっており、中国メディア・東北新聞網は「日本の神曲・PPAPが中国市場を席巻」と題し、中国の有名人が相次いでピコ太郎のPPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)をマネしていると伝えた。

「ピコ太郎」はお笑い芸人の古坂大魔王が扮した人物とみられているが、古坂大魔王は「ピコ太郎をプロデュースしている」と発言しており、同一人物とは明言していない。特徴的なダンスやフレーズで人気を集めているPPAPは、マネしやすいこともあり、国内のみならず海外でもマネする人が続出。

中国や台湾でもPPAPは広まっており、日本でも知られる台湾の人気女優スー・チー(舒淇)は愛猫を使ってPPAPをマネし、台湾歌手のマイケル・ウォン(光良)はアップルをドリアンに変え、台湾の人気若手俳優のエディ・ポン(彭于晏)は自身の名前を使ってアレンジした。さらに、中国では、「新疆のビーナス」と呼ばれるウイグル族出身の人気若手女優グリナジャ(古力娜扎)がPPAPの音楽に合わせ妖艶なダンスを披露している。

>>> news.livedoor.com

>>> PPAP:台湾歌手マイケル・ウォン(光良)

>>> youtube.com

>>> PPAP:ウイグル人女優グリナジャ(古力娜扎)

>>> youtube.com

>>> PPAP:英国人のMr.ビーンさんも…

>>> youtube.com

>>> PPAP:サイヤ人のベジータさんも…

>>> youtube.com

>>> PPAP:ピコ太郎(オリジナル)

>>> youtube.com

スポンサーリンク