しかし、これだけ堂々とやれば中国の人は疑わないでしょう。でも、マスコミがかなり 報道してますから、このままでは済まないような気がします…

>>> 滬驚現山寨「大江戶溫泉物語」 抄到足

>>> youtube.com

上海に「大江戸温泉物語」登場 日本側「一切関係ない」

中国・上海市内で21日、東京・お台場の温浴施設「大江戸温泉物語」と同じ名前の温浴施設が営業を始めた。ところが、日本の同社は「一切関係ない」とコメント。人気にあやかって日本側に無断で名称を使用した可能性が高まっている。

上海市の郊外にオープンした施設は日本式の営業をうたい、大浴場のほか、大広間のレストランやマッサージなどを併設している。家紋を模したマークなども日本の施設に酷似している。施設内には、熊本県のキャラクター「くまモン」そっくりのぬいぐるみがあちこちに置かれ、専用の販売コーナーもあった。

上海の施設について、大江戸温泉物語株式会社(本社・東京)は22日、「運営する施設は国内に限られており、海外のいかなる企業・団体とも資本提携・業務提携等を行っておりません。海外において、弊社と同一の商号の営業に関して、一切関係がございません」とのコメントをホームページ上に発表した。

一方、上海側の運営会社は朝日新聞の取材に「我々と日本側の直接の協力はないが、関連会社が得た『名称使用権』を譲り受けた。これ以上詳しいことは分からない」と主張している。

>>> headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク