やはり、こういう結果になってしまうわけです。校長が潔いというか、それほど問題が 大きくなってしまったのでしょうから、歴史のタブーは恐ろしいです…

>>> 師生扮納粹 光復校長請辭

>>> youtube.com

生徒が「ナチス集会」の台湾高校 校長辞任

生徒たちが学校の開校記念祭でナチス・ドイツの集会を真似た台湾の高校で、校長が辞任した。

新竹市にある光復高校の程暁銘(チェン・シャオミン)校長は、自分が「全責任を負う」と謝罪した。

高校の生徒たちは23日の記念祭で、ナチスの旗や鍵十字を掲げ、黒い制服姿で行進。段ボールで作った戦車には、ナチス式の敬礼をする生徒が乗っていた。

イスラエルの大使館に相当する駐台北イスラエル経済文化弁事所(大使館に相当)が24日にこれを強く非難し、台湾総統府が謝罪した。 辞意表明した校長は、「教育者として生徒たちに、正しい価値観を教えるべきだった。犯した間違いから学び、生徒たちも同じように学ぶよう呼びかけた」とコメントした。

程校長によると、学校は今後、ナチスとホロコーストに関する特別授業を実施し、その一環としてホロコーストを描いた映画「シンドラーのリスト」や「ライフ・イズ・ビューティフル」を生徒たちに見せる予定という。

また駐台北イスラエル経済文化弁事所の代表を学校に招き、生徒たちに講演する機会を設ける方針。

英字紙タイペイ・タイムズによると、クリスマスと感謝祭の行進のテーマにアラビア文化を提案した教師もいたが、生徒たちは投票の末にナチスを選んだという。

一部の生徒がナチスを選んだのは、学校の制服を応用しやすいからだったと同紙は書いている。

>>> bbc.com/japanese

スポンサーリンク