チベットですから、どんなに手抜きをやっても「チベットにこんな事までやってやってるんだ、 文句があるなら何もやらないぞ!」ってなもんなのでしょう…

>>> ラサ・シガツェ鉄道 橋の手抜き工事が発覚

ラサ・シガツェ鉄道 橋の手抜き工事が発覚

中国政府にとって軍事戦略的意味合いを含むラサ・シガツェ鉄道が開通して2年が過ぎましたが、手抜き工事の問題が最近発覚しました。何人もの工事関係者が問題を関係部署に訴えていたのにも拘らず、放置されていました。

蘭州鉄道監督管理局は2016年2月19日にラサ・シガツェ鉄道の安全性に深刻な問題があると認めました。当時建設工事に従事した作業員らからも手抜き工事だとの指摘があったにも拘らず、同鉄道は2014年8月16日に運行を開始しました。

ラサ・シガツェ鉄道の手抜き工事を指摘した王さん:「鉄筋が20%減らされた上に橋脚の長さも2m短い。セメントの厚さは本来80cmあるべきなのに、30~40cmしか厚みがない。とにかくひどい手抜き工事だ。蘭州監督管理局も状況を把握しているにも拘らず、問題を放置してきた。私は2013年からこの問題を指摘してきたけれど誰も対応しようとしない。」

王さんによると、同鉄道のTJ6区間は国有企業から民間企業が下請けし工事を行ったもので、下請けからさらに孫請けされ、国有企業へのマージンは15%にも達しており、巨額の利益が裏にあるため、政府に手抜き工事を指摘しても動こうとしないということです。

王さん:「表向きは葛洲ダムが入札したことになっているが、実態は民間の楊平和と趙続強が下請けしている。10数億人民元もの国家資産が個人の懐に入っていることになり、最低でも数億元単位で汚職されている。汚職に関わっているのは100人以上に上るだろう。」

>>> youtube.com

スポンサーリンク