中共は日本に対してもの歴史の改竄や捏造をやっていますが、台湾に対してもやっています。 残虐極まりない事をやっておいて平然と英雄を気取りますから…

>>> 二二八公園被插滿五星紅旗,“台獨”分子氣跳腳

>>> youtube.com

台北の二二八和平公園に大量の中国国旗、台湾ネット「吐き気がする」「いたずら書きしてやりたい」

2017年2月23日、台湾メディア・東森新聞雲によると、70年前の2月28日に台湾で発生した二・二八事件を記念する台北市の二二八和平公園に、大量の中国国旗が立てられていたという。

市民の楊(ヤン)さんが22日午前に同公園を訪れたところ、一部に無数の五星紅旗(中国国旗)が掲げられているのを発見、その様子をネット上に掲載した。写真からは、多くの五星紅旗とともに「2・28で蜂起した共産党員に敬意を」という横断幕が確認できる。

楊さんは「厚顔無恥もここまで来るともはや奇観。恨んでいるのは中国という集団でも、中国人という集団でもない。台湾の民主を記念する場所を、台湾の歴史の脈絡をこのように塞ぐことが恨めしいのだ」「中国共産党とその仲間はずる賢く歴史を切り取り、台湾の歴史を中国共産党の神話に組み込もうとしている。これはその究極的な成果だ」と憤慨している。

楊さんの投稿を見たネットユーザーは「吐き気がする」「…本当に面白い(ジョークだ)」「公園管理当局は片付けないのか」「これは正常な人類の基準を超越している」「旗いっぱいにいたずら書きしてやりたい」といったコメントを続々と残している。

台北市公園路灯管理処は「活動を申請する書類に旗を設置することは書かれていなかった。向こうも許可されないのを分かっていて、勝手に置いて行ったのだ。公園の巡視員からの通報を受けて、職員がすぐに撤去した」と説明している。

>>> news.livedoor.com

二・二八事件(ににはちじけん)とは

二・二八事件は、1947年2月28日に台湾の台北市で発生し、その後台湾全土に広がった、中国国民党政権(外省人(在台中国人))による長期的な民衆(当時はまだ日本国籍を有していた本省人(台湾人)と日本人)弾圧の引き金となった事件。

1947年2月27日、台北市で闇菸草を販売していた本省人女性に対し、取締の役人が暴行を加える事件が起きた。これが発端となって、翌2月28日には本省人による市庁舎への抗議デモが行われた。しかし、憲兵隊がこれに発砲、抗争はたちまち台湾全土に広がることとなった。

本省人側は国民政府に占拠されている諸施設へ大規模な抗議行動を展開。日本語や台湾語で話しかけ、答えられない者を外省人と認めると暴行するなどの反抗手段を行った。台湾住民の中には日本語が話せない部族もいたが、「君が代」は国歌として全ての台湾人が歌えたため、本省人たちは全台湾人共通の合言葉として「君が代」を歌い、歌えない者(外省人)を排除しつつ行進した。また、本省人側はラジオ放送局を占拠。軍艦マーチと共に日本語で「台湾人よ立ち上がれ!」と呼びかけた。

本省人は多くの地域で一時実権を掌握したが、国民党政府は大陸から援軍を派遣し、武力によりこれを徹底的に鎮圧した。

この事件によって、多くの本省人が殺害・処刑され、彼らの財産や研究成果の多くが接収されたと言われている。犠牲者数については800人〜10万人まで様々な説があり、正確な犠牲者数を確定しようとする試みは、いまも政府・民間双方の間で行なわれている。1992年、台湾の行政院は、事件の犠牲者数を1万8千〜2万8千人とする推計を公表している

>>> Wikipedia

スポンサーリンク