最後の画像を見れば分かりますが、ドッグへの注水が確認できます。 でも、ポンコツ空母「遼寧」を基礎に設計されてますから、はたしてどうなのか…?

20170424-2
20170424-3
20170424-4
20170424-5
20170424-6
20170424-7
20170424-8
20170424-9
20170424-10
>>> Source : news.163.com

中国初の国産空母、進水へ…艦名は「山東」か

中国軍が遼寧省大連の造船所で建造している初の国産空母が、進水に向けた作業に入った模様だ。

中国海軍創立68年にあたる23日は早朝から、灰色に塗装された船体の甲板上で多くの作業員らが確認され、一部の中国メディアはドックで注水が始まったと伝えている。

新空母は通常動力で、全長約300メートル、排水量約5万トン。中国メディアは、艦名は「山東」になるとの見通しを伝えている。中国にとっては、ウクライナから購入した船体を改修して2012年9月に就役した「遼寧」に続く2隻目の空母となる。

新空母は「遼寧」をベースに、艦載機の駐機スペース拡大などの改良が施されたとみられている。今後、対空砲などの装備が進められ、20年までの就役をめざしている。

中国軍は、米国への対抗を視野に海軍力増強を進めており、20年までに空母打撃群3個の配備を計画している。3隻目の空母建造が上海で進んでいるとみられる。

>>> news.livedoor.com