大災害が起こる度に、何かしら情報を隠蔽して問題になる中国ですが、 ダムの水位がヤバくなると、市民に連絡なしに平然と放流とかやらかしますから…

>>> 湖南省洪水 被害隠蔽の政府に市民が抗議

湖南省洪水 被害隠蔽の政府に市民が抗議

豪雨に見舞われた湖南省寧郷市では、非常に大きな洪水により多大な被害が発生しました。市民は、政府が事前に放流せず、また放流するに当たって知らせなかったことが被害拡大の原因だと非難しています。

7月2日、湖南省寧郷(ねいきょう)市のほぼ全域が洪水で浸水し、断水停電しました。

国営メディアによると、連日の豪雨に見舞われた寧郷市では7月1日、7つの郷と鎮で通信が途絶え、一部で道路が寸断、市内の黄材ダムの水位は過去最高の記録を超えました。

寧郷市の市民は新唐人に対し、1日の夜に洪水が非常に速い勢いで発生すると、あっという間に家の二階まで浸水し、救援のない中、一晩を明かしたと話しました。

寧郷市民の王さん:「非常に大きな洪水があ  っと言う間に来て、冷蔵庫や洗濯機などが流されました。私たちはとても恐ろしい気持ちで、建物のてっぺんにいました。救援を求めて電話をしましたが、誰も電話に出ず、とても恐ろしい一夜を明かしました。」

王さんは、今回の大洪水による災害は人災の要素があると指摘します。

>>> youtube.com