先日、格安スマホに「スパイウェア」を仕込み個人情報が中国に送信されていた、 という問題が発覚しましたが、今度はドローンです。これが中国のやり口です…

>>> 米陸軍が中国製ドローンの使用を中止 セキュリティーに問題

>>> youtube.com

米陸軍が中国製ドローンの使用を中止 セキュリティーに問題

アメリカ陸軍は中国のドローン生産メーカー、DIJが生産したドローンなどを、「ネットセキュリティに問題がある」として使用を中止しました。

イギリスBBC放送中国語版の報道によると、ジョセフ・アンダーソン米陸軍副参謀長が備忘録によって命令したものといいます。

備忘録は陸軍の下部組織に対し、「DIJのドローンの使用を禁止し、全てのアプリケーションプログラムを削除、電池を外すよう」求めました。

報道によると、アメリカ海洋大気庁のテストを担当するエド・デュマス氏が個人所有のDIJ製ドローン・Phantom3のテスト中に、ドローンがDIJにコードを送信しているのをソフトが検知しましたが、サーバーの位置は確認できませんでした。

DIJは世界最大手のドローン生産メーカーで中国深センに本社があります。アメリカの同社スポークスマンは、同社のドローン使用を中止する前に何の相談もなかったと述べました。

>>> youtube.com

スポンサーリンク