FIFAに何度警告されようが厳しい処罰を受けようが、香港人はまったく止める気はないようです。 今回もFIFAに処分されるかもですが、頑張って欲しいです…

>>> Fans boo Chinese national anthem during Hong Kong-Malaysia soccer match

>>> youtube.com

中国国歌にまたブーイング アジア杯予選香港サポーター

香港で10日夜にあったサッカーのアジア・カップ予選の香港対マレーシア戦で、中国国歌が演奏された際に香港サポーターの一部がブーイングを浴びせて、斉唱を拒否した。若者を中心に中国への反発が強いことが背景にある。中国本土で今月から施行され、香港政府が香港でも導入に前向きな「国歌法」の議論にも影響を与える可能性もある。

試合開始前、スタンドにいた100人超の香港サポーターが「我々は香港だ」と大声で連呼した。中国国歌が流れると、体を反転させてグラウンドに背中を向け、ブーイングを浴びせた。国歌の演奏が終わると香港代表への応援を再開した。試合は2対0で香港が勝った。

香港の一部のサポーターはこれまでも中国国歌にブーイングをしてきた。香港サッカー協会は2015年、国際サッカー連盟(FIFA)から罰金を科されたが、香港メディアの間では、今度は無観客試合などさらに厳しい処分が出るとの見方もある。

中国本土では1日、国歌を侮辱する行為に対する処罰を強化する国歌法が施行された。香港は「一国二制度」で高度な自治が保障されているため、現時点で国歌法は適用されていない。だが、香港政府は、国歌法は全国的な法律だとして、香港での適用に必要な立法措置を検討する考えを示しており、反対派の市民の反発が強まる可能性がある。

ブーイングに加わった男性(30)は「自分は香港人であり、中国人ではない。香港で国歌法が適用されてもブーイングを続ける」と語った。

>>> news.livedoor.com

スポンサーリンク