いずれ、「天安門事件」をテーマにした映画が作られる日が来るかもしれません。 近頃は完全に中国に媚びているハリウッド映画では無理でしょうけど…

>>> 中国 天安門事件想起させる韓国映画「タクシー運転手」を封鎖

>>> youtube.com

中国 天安門事件想起させる韓国映画「タクシー運転手」を封鎖

中国で話題となった韓国映画「タクシー運転手」に関する情報やコメントが、当局のネット検閲部により削除されました。中国のネットユーザーは、中国製映画「午夜のタクシー」を韓国の映画になぞらえて、話題にしています。

2014年に放映された中国の映画「午夜のタクシー」に関するコメントが、映画交流サイト「豆瓣(トウバン)」で急増しています。ですが、ネットユーザーが話題にしていたのは、この映画とよく似た題名の韓国映画「タクシー運転手」についてです。

「タクシー運転手」は1980年5月に韓国で発生した「光州事件」を背景として描いた映画です。ドイツ人記者を乗せて光州へ行った主人公のタクシー運転手が、軍隊が市民を武力で鎮圧している光景を目の当たりにして正義感が奮い立たされ、記者と共に軍の警戒線を突破し、真相を報道するという内容です。

同映画は先月韓国で観客動員数1250万人を突破し、中国でも大きな話題となりました。というのも、この映画で描かれている内容が、1989年の天安門事件を思い出させるものだったからです。その後、検索エンジンや映画情報サイト、さらにはニュースサイトや微博からも、この映画に関する記述がすべて削除されました。

>>> youtube.com

>>> A TAXI DRIVER (2017) Official Trailer | Korean Movie

>>> youtube.com