サムスン敗訴は当然でしょうし、それに米国内での裁判ですからどうにも…。 それに、サムスンにとって135億円程度はどうってことないでしょう…

>>> 美 대법원, '애플 2차 특허소송' 삼성 상고 기각...애플 승리

>>> youtube.com

サムスンがアップルとの特許侵害訴訟で最終敗訴=韓国ネットから不満の声「裁判官はトランプ?」「アップルもパクっているのに」

2017年11月7日、米国・アップルと韓国・サムスン電子の間の第2次特許侵害訴訟で、米国の最高裁判所がサムスンの上告を棄却したことが分かった。韓国・聯合ニュースなどが伝えた。

今回の決定により、アップルの勝訴とした下級審の判決が事実上確定し、サムスンはアップルに1億1960万ドル(約135億円)の損害賠償金を支払うこととなった。

今回の訴訟でアップルはクイックリンク、スライドによるアンロック、自動ワード修正の特許が侵害されたと主張し、損害賠償を求めていた。

1審を担当した裁判所は14年5月、サムスンがアップルに対し1億1960万ドルを支払うよう命じていた。その後、16年2月に3人の裁判官で構成された米連邦巡回控訴裁判所が1審の判決を覆したが、同年10月に11人の裁判官が参加した米連邦巡回控訴裁判所大法廷の審理では「1審の判決が妥当」との結論が出された。これに対し、サムスンは控訴審の判決を不服として17年3月に上告を申請していた。

米最高裁判所の決定に、韓国のネットユーザーは「米国がアップルの味方をするのは当然のこと」「もしかして裁判官はトランプ大統領?」「米国は平等の国ではない」と腑に落ちない様子をみせている。

また、アップルに対し「アップルも他の会社のものをパクっているのでは?」「アップルは訴訟で金を稼いでいるのか?」「アップルもサムスンの特許を侵害したのに、米政府の保護下にある判決文で勝利した」「サムスンの金を狙う者は本当に多い」など批判的な声も。

そのほか、「納得できないけど、米国でスマホを売るためには罰金を支払わないとね」と嘆く声や、「そのくらいの賠償金、サムスンにとっては痛くもかゆくもないよ」と主張する声もみられた。

>>> news.livedoor.com

スポンサーリンク