トランプさんは特殊な設備も持っているでしょうし、中国も首脳会談や国際会議の自国開催時は、 SNSへのアクセスを短期間容認みたいです…

トランプ大統領がツイッター禁止の中国でツイート連発 、「秘密兵器」があるのか?―米メディア

2017年11月9日、米VOA中国語版サイトは、中国を訪れたトランプ米大統領が中国国内で事実上禁止されているツイッターへの投稿を連発していることを報じた。

記事は、8日に北京入りしたトランプ大統領について「空港で盛大に歓迎され、最大級のもてなしを受けたご満悦ぶりは、北京から初めて発せられたツイートが示している」とし、「習近平(シー・ジンピン)夫妻に感謝する。妻とともに故宮で忘れられない時間を過ごした」というツイートの内容を紹介した。

トランプ大統領は中国到着後初のツイートから約1時間後、「明日の習主席との会談に期待している。中国よ、素晴らしい歓迎をありがとう」と再びツイートを行っている。

記事は「ツイッターが禁止され、特定のサイトへのアクセスを遮断する『グレートファイヤーウォール』が立ちはだかる中国でも通常通りツイートを発信できたことについての議論が起きている」とし、あるホワイトハウス関係者が「トランプ大統領一行は『特殊な設備』を持っており、ファイヤーウォールを乗り越えた」と語ったという米メディアのビジネス・インサイダーの報道を紹介した。

また、ブルームバーグによれば、トランプ大統領がネットセキュリティーを考慮して、中国ではiPhoneではなくデスクトップからツイートを行っているという。

記事はさらに「『ツイッター政治』とも称されるトランプ大統領のツイートに、中国の政府やネットユーザーが非常に注目している。ただ、ネットユーザーたちがそれを見るには『壁』を乗り越えなければならない」と伝えている。

>>> news.livedoor.com

スポンサーリンク