すでに、学校の授業で中国語以外は使用禁止になってますし、さらに強化して チベット人、ウイグル人としてのアイデンティティを完全に破壊しようとしています…

>>> チベット、ウイグルに大量の教師派遣 教育同化政策進める

チベット、ウイグルに大量の教師派遣 教育同化政策進める

チベット自治区とウイグル自治区での教育統制を強化するため、中国教育部は両自治区に一万人の教師を派遣する計画を打ち出しました。2018年は両自治区と新疆生産建設兵団に4000人の教師を派遣する計画です。

中国教育部は12月25日、教育部会同国家発展改革委員会、財政部、人力資源社会保障部が合同で「チベット・新疆へ教師一万人を派遣する教育支援計画実施プログラム」を発表し、毎年内陸部の学校から両自治区へ教師を派遣し、現地の教師の訓練に当たらせる計画を打ち出しました。

当局が教育という手段を通して、チベット、ウイグル両自治区への統制を強化しようとしていることに懸念の声が上がっています。

元首都師範大学副教授 李元華氏:「政府は少数民族や特殊な信仰を持つ人々や遠隔地に対して、自分たちの統治が行き届いていないと感じています。だから、教育という手段を使って、社会の基盤から少しずつ浸透し、統制しようと考えています。」

世界ウイグル会議中国事務委員会主任のイリシャト・コクボレ氏は、一つの民族を滅ぼすにはまずその文化を滅ぼすこと、文化を滅ぼすには民族の言語を滅ぼすことが有力な手段だと指摘しています。

世界ウイグル会議中国事務委員会主任 イリシャト・コクボレ氏:「中国政府はチベット人やウイグル人の地域の学校から、民族の言語を追い出しています。言語を失えば文化が発展してゆくことはできず、委縮し、最後には漢民族に同化されてしまう。文化という手段で民族を滅ぼそうとしているのです。」

>>> youtube.com

スポンサーリンク