日本と台湾が接近すると困る勢力でしょうか? 昨年、日本統治時代の技師・八田與一の銅像を損壊した元市議の政治団体が関わってるようですが…

>>> 稱不滿日方驅逐台船 統促黨日台交流協會潑漆

>>> youtube.com

「日本台湾交流協会」のプレートにペンキ、50歳男を逮捕―台湾

2018年3月7日、人民日報によると、台湾台北市でこの日、日本の対台湾窓口である「日本台湾交流協会」のプレートにペンキをかけた容疑で50歳の男が逮捕された。

記事によると、容疑者逮捕後、元台北市議会議員で中国本土との統一を主張する「中華統一促進党」の李承龍(リー・チョンロン)氏が現場で演説を行った。容疑者が同政党メンバーかどうかはこれまでのところ分かっていない。

台湾では先月28日、蒋介石の棺にペンキがかけられるという事件が起きている。記事によると、李氏らは今月3日、蔡英文(ツァイ・インウェン)総統の父親の墓がある墓地を訪れ、その後当局により連行。李氏らが墓地を訪れたのは「台湾独立派が棺にペンキをかける行為を蔡氏が黙認している」ことが理由だそうだ。墓地での破壊行為はなかったという。

記事はまた、蔡総統就任後に「対日関係」が台湾の対外事務の重点に並べられたとし、名称が以前の「交流協会」から「日本台湾交流協会」に変更されたことについて、蔡総統が「台日関係が絶えず前進する具体的な現れ」と指摘したことにも言及した。

>>> news.livedoor.com

スポンサーリンク