さて、賠償目当てなのか、思い込みなのか…。 でも、女性は1万元(約17万円)の賠償要求は拒否されましが、200元(約3500円)の商品券をゲットしたとのこと…

20180513-2
20180513-3
20180513-4
>>> image :weibo.com

アイスを食べた女性が「口から出血した」と主張、ハーゲンダッツ「赤いアイスを召し上がってたので…」―中国

2018年5月10日、澎湃新聞によると、上海のハーゲンダッツ店舗でアイスクリームを食べた女性が「口から出血した」と主張していることについて、ハーゲンダッツ側が声明を発表した。

記事によると、先日、ある女性が「ハーゲンダッツ上海美羅城店でアイスクリームを食べたところ口から出血した。ガラスの破片が口に入った可能性がある」などと微博で訴えた。投稿には口元の赤い血のような液体をふき取る写真も添付されていた。

この書き込みに対し、ハーゲンダッツの公式微博アカウントは10日に声明を発表。「5月5日、女性から店舗でアイスクリームを食べたところ口から出血したとの訴えがありました。店員によると、女性は真っ赤な色の商品を食べていたとのことで、紙ナプキンに付着したという赤い液体が血かどうか確認するのは難しいです」との見解を示した。

また、「従業員が女性を速やかに病院に連れて行き、当方の費用負担により検査を受けてもらった結果、舌の先に3ミリの裂傷が確認されたものの、血が流出している状態ではないとの診断結果が出ました。女性はその場で1万元(約17万円)の賠償を要求しましたが、従業員は応じませんでした」と事の経緯を説明している。

さらに、「当社では直ちに調査を行いましたが、全過程において異物は見つからず、食器の破損もありませんでした。また、血の付いた水を吐いたというコップや血がついたという紙ナプキンからも異物は見つかりませんでした。病院でも口腔内の異物は確認されませんでした。詳しい検査を受けていないため、女性の体内に異物が進入したかについては断言できません」と説明した。

現在、現地の食品監督管理当局が本件についての調査を実施中だという。

>>> news.livedoor.com

スポンサーリンク