悪いの分かってやってて、しかも、わざわざソックスに隠してピッチに入って首にかけるのか、 何か特別な意味があるのでしょう。厳罰は当然でしょう…

サッカー中国代表選手、試合中にこっそり……違反行為で1年間代表入り禁止に

2018年6月12日、観察者網によると、国際親善試合にネックレスを着けて出場した中国代表選手に対し、中国サッカー協会が1年間の中国代表入りを禁止する処分を発表した。

中国サッカー協会は12日、上海上港に所属するDF王燊超(ワン・シェンチャオ)が5月26日に行われた国際親善試合の中国―ミャンマー戦で首にネックレスを着けて出場したとし、中国代表入りの資格を1年間停止すると発表した。

当日の試合の中継動画には、試合の途中で出場した王がピッチに入った後、ソックスに隠していたネックレスを取り出し、周囲をキョロキョロと見回しながらばれないように素早く首に掛ける様子が映っていた。

記事は「サッカーの試合でアクセサリーを身に着けることは厳しく禁じられている。硬いアクセサリーが自分や相手を傷つけるリスクがあるからだ。王のプロ失格の行為に、ネットユーザーから猛烈な批判が出ている」と伝えている。

ネット上の激しい批判に対し、王本人は6月4日と11日にそれぞれSNS上で「自らの過ちを深く認識し、反省している。サポーターやメディアの皆さんに心からお詫びする」「みなさんからの注目や批判に感謝している」とコメントしていた。

1年間の代表資格停止処分が下ったことで、王は来年1月にアラブ首長国連邦で行われるアジアカップに出場できなくなった。また、所属先の上海上港も12日、中国サッカー協会からの処分勧告に応じ、王に2万元(約34万5000円)の罰金を科すことを発表した。

>>> news.livedoor.com

スポンサーリンク