誰がどう見ても中国国旗ですから、これを見た世界中の人が「中国人は〇〇だろ!」と 思うわけですから、それはそれでいいことかも…

20180619-4
20180619-5
20180619-6
>>> image :weibo.com

W杯、コスタリカ対セルビアの試合で中国国旗 「恥さらし」と批判

2018年6月18日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会が開幕したが、サッカー熱の高い中国ではスタジアムでの「ある光景」が問題視されている。

テレビ中継を見ていて気付いた人もいるかもしれないが、グループEのコスタリカ対セルビアの試合のスタンドで、試合の当事国でも、開催国でもなく、ましてやW杯に出場もしていない中国の大きな国旗がたなびいていたのだ。また、あるユーザーによると、グループDのアルゼンチン対アイスランドの試合でも同様に大きな中国国旗が掲げられていたという。

掲げていたのは中国人の観客と見られるが、こうした行為について一部のサッカーファンからは中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に「恥さらしだ」「頭がおかしいんじゃないか」「中国国旗が…まったく何やってんだよ」「この試合と中国に何の関係があるんだか」といった批判的な声が寄せられている。

また、「単に目立ちたがり屋でサッカーを知らない。国旗に対して敬意を欠いている」と指摘する声や、「スタンドの最前列でずっと旗を振り回して、後ろの席の視線を遮っていることなんかまったく気にしていない。その後、警備員に止められたみたいだが、今度は通路で旗を振り回している。マナーを守って観戦しようぜ、同胞たちよ」といった声も寄せられた。

一方で、ある自メディア(新興メディア)は、「チケットを買って入場しているのだから、条件が許せば何をしようとそのサポーターの自由だ」とし、「他の試合では米国国旗も掲げられていた。米国も今大会には出場していない」と主張している。

ただ、自国とまったく関係のない試合で自国の巨大な国旗をこれ見よがしに振るという行為は、中国のネットユーザーの反応から見ても普通の感覚では理解できないことだろう。いずれにしてもネットユーザーが指摘している通り、周囲の観客の視線を遮らないよう配慮だけはしてもらいたいものだ。

>>> news.livedoor.com

スポンサーリンク