2月の台湾東部地震において、中国の救助隊派遣は断られて、 日本の救助隊は受け入れられた事への腹いせに流した悪質なフェイクニュースでした…

>>> 大陸記者來台駐點採訪遭拒 陸委會創惡例

>>> youtube.com

台湾、中国記者の駐在申請を却下 かつて日本に関するフェイク報道

台湾行政院大陸委員会はこのほど、中国メディアの記者からの台湾駐在申請を却下した。却下の理由について、同記者が以前「フェイクニュースを流していた」と説明した。

申請を却下されたのは福建省の衛星テレビ「東南衛視」の葉青林記者。2月6日に発生した台湾花蓮地震を取材した葉記者はFacebookに「日本の救助隊は危ないとの理由で、探知機を提供するだけで倒壊ビルに入ることを拒否した」と投稿した。さらに、「中国の救助隊なら、絶対倒壊したビルに入って活動を行う」と付け加えた。しかし、それは人手が足りたという台湾側の判断だとのちほど判明した。

同記者の投稿はその後、中国国内でも報じられ、大きな話題となった。日本の救助隊派遣をめぐっては「日台政府の政治的演出」と批判する声が上がっていた。

同委員会は27日、「両岸の相互理解を促進する取材活動は歓迎する」としたうえ、「フェイクニュースは決して許してはいけない」とコメントした。

>>> news.livedoor.com

スポンサーリンク