クリーンな日本のサッカー、ファウル数1位の韓国のサッカー、そして、中国の乱闘サッカー、 それぞれにハッキリとした特色があって、なんともおもしろいです…

中国アマチュアサッカーの試合で選手同士の大乱闘 椅子も武器として使用

2018年7月5日、澎湃新聞によると、江蘇省常州市で今月1日に行われたアマチュアサッカーの試合で、選手同士が殴り合いの大乱闘を繰り広げた。

騒動が起きたのは、常州天山石化チーム対常州現代新青年チームの試合。試合中のファウルをめぐって両チームの選手がエキサイトし、殴り合いの大乱闘に発展した。映像を見ると、ベンチとしてピッチサイドにあったプラスチック製の椅子を“武器”として使う選手の姿も確認できる。

この騒動について、江蘇サッカー協会は「詳細は現在調査中」としながらも、「双方に責任があり、重い処分を科す」としている。新京報は、「乱闘に加わった選手はブラックリストに載る可能性もある」と報じた。

この動画は、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で拡散しており、新浪動画のアカウントは「アマチュアサッカーの試合中に衝突、選手が殴り合い、まるでボクシング」と揶揄(やゆ)した。

中国のネットユーザーからは、「笑ったわ」「これがまさに中国サッカー」「さすがカンフーサッカーだ」「これぞ中国サッカーの真髄」「サッカーできないけど、ケンカはできる」「全員格闘技に転向したら?」「ワールドカップ(W杯)が遠のく一方」「最低だ。サッカーの実力はない上に、ケンカすることしか知らない。本当に恥」といった批判や皮肉のコメントが殺到した。

中には、「中国サッカーには本当につける薬はない。メンツ、金、女、名声が欲しいやつばかりで、自分に対して抑えが効かない。W杯で日本のサポーターはほぼ全員がごみ拾いをし、選手たちもロッカールームを清掃した。本当に素養の問題だよ」と日本を持ち出して比較するコメントも寄せられている。

>>> news.livedoor.com

スポンサーリンク