キャラクターに暴力を振るったり、偽キャクターが現れて一緒に写真を撮ると撮影料を要求されたり、 他にもいろいろと問題の多い上海ディズニーランドなのです…

上海ディズニーランドでキャラクターが客に殴られる騒動相次ぐ―中国

2018年7月22日、中国紙・環球時報は、上海ディズニーランドで最近、キャラクターが来園客に殴られる騒動が相次いでいると伝えた。

21日には大人の来園客が、クマの女の子「シェリーメイ」の背後から頭部をたたく映像がネット上に出回った。目撃者によると、不意の攻撃を受けたシェリーメイの「中の人」は頭を押さえ、ほかのスタッフに支えられながら控室に運ばれた。

前日にはシマリスの「チップとデール」のキャラクター「デール」に扮したスタッフが、頭部をたたかれて脳しんとうと診断される騒ぎもあったという。

中国のネット上では「なぜこうも頭がおかしいやつが多いのか」「警察に通報すべき」「着ぐるみを着たスタッフは、この炎天下の中、頑張ってるというのに」などの怒りの声が上がっている。

>>> news.livedoor.com