中国では正規品でさえ何が入っているか分からないというのに、ましてや偽造品となると…。 そう考える「小麦粉」は良心的とも言えるのかも、変ですが…

中国の偽薬6トンの中身は全て小麦粉 「まだ良心的な方だ」との意見も

中国のSNSである微博は24日、動画アプリの梨視頻のアカウントを通じて、警察が偽薬製造拠点を摘発し、6トンの偽薬を押収する様子を撮影した動画を配信した。中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

江西省吉水県の診療所が偽薬を購入していたことが分かり、警察が同診療所を調べたところ、計3種類の偽薬が見つかったという。宅配便の伝票に記されていた住所を手掛かりに、河南省内の製造拠点を発見し、容疑者の身柄を拘束。完成品や半製品の偽薬6トンを押収し、1400万元(約2億3000万円)以上の資金を凍結したという。映像には、警察官が押収した偽薬の中身を調べ、「カプセルの中はすべて小麦粉だ」と話す様子が記録されている。

同ニュースに対し、中国のネットユーザーから「人間性のかけらもないな」「偽薬については重刑を望む」「こういう悪人は厳罰にすべき」「中国人は中国人を害しているというのはまさにその通り」など、重い処罰を望むコメントが多く寄せられた。

また、「どうやら中国では偽物作りがかなりもうかるようだ」「偽薬、偽ワクチン、偽米、偽粉ミルク、偽化粧品、偽羊肉、偽酒、偽たばこ、下水油。民衆の生活にかかわるものはすべて偽物で、しかも正規品と同じ値段で売っているのだからね」との指摘もある。

しかし、「小麦粉ならば、薬効はないにしても副作用もない」「中身が小麦粉ならまだ良心的な方だ」との意見もあったが、「突発的な病気になって薬が効かなかった時、小麦粉なら良心的と言えるのか?」との反論も寄せられた。いずれにせよ、多くのネットユーザーが偽薬の横行に強い憤りを感じているようだ。

>>> news.livedoor.com

スポンサーリンク