世界の常識では女性記者が100%悪いはずですが、これが中国ではそうはならないのですから 驚きです。それどころか中国大使館は謝罪を要求するのですから…

>>> 中国女性記者が“平手打ち” 英の人権委で一時拘束(18/10/02)

>>> youtube.com

>>> 央視記者大鬧英保守黨會議兼摑香港義工 伯明瀚警:人已被捕

>>> youtube.com

中国女性記者が“平手打ち” 英の人権委で一時拘束(18/10/02)

香港を巡るイベントで中国国営テレビの女性記者が激怒し、スタッフに殴り掛かった。相手の腕だろうか、全力でひっぱたく女性。中国国営メディアCCTVの記者だ。渾身のフルスイング。場所はイギリス。

保守党の人権委員会が香港の自由や法の支配、自治をテーマに開いたイベント会場だ。映像は、運営側の団体がフェイスブックに上げたもの。トラブルは、女性記者がイベントの登壇者に「嘘つき」「反中国的だ」などとののしったことが発端で、スタッフの男性が女性記者に退室を求めたところ、平手打ちが2回飛んできたという。

イギリスから中国に返還されて21年が経過した香港。旧宗主国のイギリスで香港の自由が議論されていること自体、中国国営メディアの記者の目には内政干渉と映ったのか。

>>> youtube.com

スポンサーリンク