リチウム電池を世界で初めて装備した潜水艦で、蓄電容量は従来の2倍です。 作戦中はエンジンを止め電池の電力だけで艦を動かします。中国さん見つけられるかな…?

>>> 最新鋭潜水艦「おうりゅう」進水式

>>> youtube.com

「これが敗戦国?」海自の最新鋭潜水艦「おうりゅう」進水に中国ネットが反応

2018年10月4日、環球時報は、日本の海上自衛隊の新しいそうりゅう型潜水艦が進水し、「おうりゅう」と命名されたことを報じた。

記事は、日本メディアの報道として「海上自衛隊の最新のそうりゅう型潜水艦の進水式が4日、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所で行われ、豊富な知識を持つ縁起の良い龍という意味を持つ『おうりゅう』と命名された」と伝えた。

また、同潜水艦は2020年に防衛省に引き渡される予定で、現在のところ同潜水艦が配備される場所は決まっていないものの、日本の海上防御の第一線に運用されることになるとした。

さらに、同潜水艦の建造費が660億円とするとともに、スペックについて「全長84メートル、水中時速約20海里。水中の持久力と速度を強化するために、エンジンに電気自動車にも用いられるリチウム電池を初めて装備しており、世界初のリチウム電池とディーゼルエンジンを組み合わせた潜水艦となった。また、ステルス性能も備えている」などと紹介した。

日本で新たな潜水艦が進水したことについて、中国のネットユーザーは「日本海軍には敬服せざるを得ない」「日本の自衛隊とわが中国海軍では差があり過ぎる。われわれの敵ではない」「自動車と一緒で、日本や欧米では艦艇のハイブリッド化が進んでいるんだな」「準空母、潜水艦、第5世代戦闘機がそれっている。これが敗戦国なのか?」「中国人観光客が落としたお金で造られたんだ」といったコメントを寄せている。

また「おうりゅう」(凰龍)というネーミングに対して「いったい鳳凰なのか龍なのか」というツッコミも見られた。

>>> news.livedoor.com

スポンサーリンク