旅客機のエンジンから動物園の亀にまでお金を投げ込む連中ですから。 これも文化なのでしょうから、コインだけに限定させればそんなに汚くは見えないかと…

>>> 中国の博物館で“お金を投げまくる”現象続発

>>> youtube.com

博物館の展示スペースにお金投げまくる、制止もきかず―中国

2018年10月16日、澎湃新聞によると、甘粛省博物館で展示スペースにお金を投げ入れる来館者が後を絶たない。

問題となっているのは「天馬西来」という人馬像の展示。つい先日の建国記念日(国慶節)大型連休には多くの来館者があったが、その期間中には展示スペースに1元(約16円)や5角(約8円)などの紙幣やコインを投げ入れる行為が特にひどかったという。

来館者たちはさい銭のような感覚で願い事がかなうようにとお金を投げ入れているものとみられる。博物館側はそうした行為はやめてほしいと注意しており、お金を投げ入れる行為を見つけるたびに制止しているが、それでも後を絶たないという。

紙幣やコインが散乱している様子がネット上で公開されると、多くのネットユーザーから非難のコメントが書き込まれた。

「最初に投げたのはいったいどこの誰だ」
「ひどい。マナーも何もない」
「願い事か。ただの迷信なのに」
「愚昧(ぐまい)極まりない行為だ」
「ここは博物館だろう?そもそも寺院ですらない」
「ま、博物館には想定外の収入になるかもしれないが、マナー違反は明らかだ」
「文明的な旅行はいつになったら実現するのか…」
「『100元札(約1600円)でなければ願いはかなわない』と書いておけばいいと思う」
「『1万元(約16万円)のみ受付。小銭は不要』と書いておくともっといい」
「モバイル決済用のQRコードとPOS端末だけ置いておくとか」

>>> news.livedoor.com

スポンサーリンク