どんなに対策を講じても、現場の企業が金儲けのために電気代ケチって汚染対策設備のスイッチを切るというのが中国ですから、 まずは「人」の教育からでは…?

「地下水汚染の浄化に1000年」大気だけでなく水までも…中国

深刻な大気汚染により、中国では毎年110万人が早期に死亡し、2000万トンもの農作物が深刻な被害を受けていることが、最新の研究結果で明らかにされました。中国のもう一つの深刻な環境問題、地下水汚染も再び注目されています。

米国営放送ラジオ・フリー・アジア(RFA)は10月2日、香港の中文大学研究チームが雑誌『環境科学速報』に発表した研究報告について報じました。報告によると、大気汚染により中国では毎年約110万人が早期死亡し、2000万トンもの農作物が打撃を受けています。

同時に、環境を破壊するもう一つの深刻な水資源汚染についても言及されています。

水不足と河川の汚染が日増しに深刻さを増す中国では、地下水汚染は当局が避けて通りたい問題です。中国の地下水汚染について、中国人研究者は「重金属に汚染された地下水の浄化には1000年かかる」との見方を示しています。

>>> youtube.com

スポンサーリンク