スウェーデンのテレビ番組に続き、今度はポーランドのテレビ番組が中国に「NO」です。 台湾支持が広がれば良いことですが、何か裏がありそうな気もしますけど…

>>> Poland supports Taiwan!/Polska murem za Tajwanem! #ipptv

>>> youtube.com

ポーランドのテレビ番組が物議、「台湾独立」をアピール―中国メディア

2018年10月29日、中国メディアの海外網は、ポーランドのテレビ番組が「台湾独立」をアピールする内容を放送し、台湾で物議を醸していると報じた。

記事によると、問題になっているのは、ポーランドの「Idź Pod Prąd TV」がこのほど放送した番組。番組内では、ポーランド人女性が中国語で「私たちポーランド人は台湾が独立できることを望んでいる。中国にノー、台湾にイエスと言おう」と話すと、それに続いて司会者が「ポーランドはこれまで多くの国の独立のために努力してきた。ポーランドは台湾が大陸に対抗することを支持する」と話し、英語で「Make China lose again」と書かれた帽子をかぶるなどした。さらに番組の最後で、8人のポーランド人が英語で「Say NO to China Say YES to Taiwan」と書かれたボードを掲げたという。

記事は「台湾のSNS上では、ポーランドのテレビ局の突然の行動に驚きや怒り、理解できないなどの声が寄せられている」と紹介。その上で、中国で台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室の馬暁光(マー・シャオグアン)報道官が今月、台湾の「公民投票法」改正をめぐる動きについて、「『台独』は『袋小路』であり、台湾民衆を災難の深い淵に連れ込むだけだ」とし、「大陸と台湾は一つの中国に属し、台湾は中国の不可分の一部だ。台湾はこれまで国であったことはなく、これからも国にはなり得ない」と述べたことを伝えた。

>>> news.livedoor.com

スポンサーリンク