「遼寧」は空母としては使い物にならないと言われていますが、遼寧改の「001A型」がどうなのでしょうか。 そして、建造中の3隻目の空母はかなり危険な感じです…

中国初の国産空母、着々と試験航海重ねる、「間もなく就役」と中国メディア

2019年1月11日、中国初の国産空母「001A型」が試験航海を着々と重ねている。中国国防部は就役時期について明言を避けているが、中国メディアは「軍機の訓練の基礎を固めた」と指摘。「試験で技術の壁がすでに取り払われており、空母が間もなく就役することを示している」と伝えている。

初の国産空母は2017年4月、船体工事が進められていた大連の造船所の大型ドックを離れ、進水した。ウクライナから購入した旧ソ連の空母を改造し、2012年に就役した「遼寧」に続く中国海軍の空母2番艦となる。遼寧がベースだが、レーダーシステムと艦橋システムのアップグレードなどの改良を行っているという。

001A型の満載排水量は7万トンで、全長315メートル。J15艦上戦闘機を32機搭載できる。動力は蒸気タービンで、最大速力は31ノットと推定されている。米海軍空母のような高圧蒸気などで艦載機を発進させる装置の「カタパルト」は備えておらず、遼寧同様、艦首が反り上がったスキージャンプ型の甲板を持つ。

国営新華社通信によると、001A型は昨年5月8日に初の試験航海を開始。さらに8月26日から、10月28日から、12月27日からと計4回の試験航海を実施した。

中国は001A型に続く3隻目の空母を上海の造船所で建造中と報じられている。新華社通信は昨年11月、「新型空母」と伝えており、スキージャンプ型ではなく艦載機をリニアモーターで発進させる電磁式カタパルトを新たに導入するとみられている。

>>> news.livedoor.com

スポンサーリンク