公衆便所の改修で個室の仕切りを取っ払ったり と中国のトイレ事情はいろいろ凄いです。 つい最近まで仕切りがないトイレが普通だったようですから…

女子トイレの個室内が丸見え!?学校が「安全のため」とドア切り落とし物議―中国

看看新聞網など複数の中国メディアによると、広東省仏山市の中学校が個室トイレのドアの一部を切り落としたことが物議を醸している。

問題となっているのは同市の超盈実験中学校のトイレ。学校側がこのほど「改装」を行った結果、個室トイレのドアの上3分の1ほどが切り落とされ、背伸びをすれば中の状況が見えるようになった。さらに、1階部分の女子トイレは窓を開けていた場合、2階の廊下から個室内の様子が丸見えになるといい、休み時間に一部の男子生徒らが「のぞき」に集まるという。

生徒からは、「中で悪さをしないようにというのは分かるけど、それにしても低過ぎて恥ずかしい」「好奇心で中をのぞこうとする人や、いたずらをしてくる人がいるのでトイレに行きたくても行けない」との声が上がった。

学校側は個室トイレのドアを低くした理由について、「以前トイレ内で倒れた生徒がおり、安全面への配慮から」と「生徒がトイレに隠れてスマホをいじるのを防止するため」の2点を挙げており、2階の廊下から丸見えになるという問題については「生徒からの連絡を受け、窓を開けられないようにした」と説明した。

保護者からは、「ドアの高さが低過ぎる。今の子どもはますます早熟になっていて、羞恥心も強い。プライバシーは確保されるべき」との声も上がっているという。

ネットユーザーからは「学校は何を考えてるのか」「スマホをいじるのを防止?つまり、ちょくちょくのぞくってことだな」「ドアを切った後の校長の挙動を調査せよ。頻繁にトイレに行ってないか」「誰かさんの特殊な需要を満たすため、ではないよね?」「生徒のプライバシーを侵害するあらゆる行為が、『スマホいじり防止』で説明されないか」といった声が多数寄せられた。

また、「生徒を便秘にさせたいらしい」「傘差して用を足すしかないな」「教師用のトイレも同じように切り落とせ」といった声も見られた。

一方で、「自分たちが中学生のころはトイレにドアなんてなかった」という声も多く、「友達に入り口に立って視線を遮ってもらってた。ドアあるだけマシ」「トイレに行く時はいつも校長室がある棟まで行ってた。そこにはドアがあるから」「私の中学はドアどころか壁もなかった」といった声も寄せられている。

>>> news.livedoor.com

スポンサーリンク