中国企業の環境汚染はアフリカ、南米でも大問題になっていますが、中央アジアでも…。 自国内でさえ環境保護の意識がないのですから海外に出ればなおさらです…

川面に魚の死骸の帯 中国企業の石油採掘が原因か=カザフスタン

「汚い河に浮かぶおびただしい量の魚の死骸が浮かんでいた」Nursultan Taumanさんは、ウラル川のほとりを散歩した時に見た光景に衝撃を受けた。

カザフスタン西部アティラウ州を流れ、カスピ海につながるウラル川。現地メディア・Tengriニュースの報道によると、2018年12月以降、ウラル川の岸辺には120トンもの魚の死骸が漂着している。近くにある中国の石油企業と鉱業企業が原因だという。

Tengriニュースは、一帯一路の重要地域であるカザフスタンだが、このたびのウラル川の魚の大量死は「氷山の一角」であり、中国投資による生態系への打撃は広範囲に及ぶと報じた。

Nursultan Taumanさんは、河の汚れは、上流で石油の採掘がひんぱんに行われていることが原因とみている。「ウラル川は赤魚が採れることで有名だが、多くは死に絶えつつある」と、Taumanさんはユーロアジア・ニュースに語った。

中央アジアのカザフスタンには、中国共産党政権が欧州へと広げる経済圏構想・一帯一路の中継点として、大規模な投資を行っている。いっぽう、カザフスタン社会では、中国資本の浸透に不満が募っている。

>>> news.livedoor.com

スポンサーリンク