監督が日本語ペラペラの日系米国人ですから騙されても仕方ないです。 慎重な親父さんを含め百戦錬磨の3人が騙されるのですから、よっぽど巧妙だったのでしょう…

【関連】---
【動画】テキサス親父「韓国が公開した日本軍の朝鮮人慰安婦虐殺動画の嘘を暴くぜ」
【動画】テキサス親父「韓国のヤツらは日本が金の成る木である限りたかり続けるぜ」

>>> 【テキサス親父】 慰安婦欺瞞ドキュメンタリー「主戦場」-Part1

【テキサス親父】 慰安婦欺瞞ドキュメンタリー「主戦場」-Part1

プロデューサーの出崎幹根(デザキ・ミキ)は、2019年4月20日に東京で「慰安婦問題の主戦場」と言うドキュメンタリー映画を公開する。

このドキュメンタリーの為に出崎氏は、ケント・ギルバート氏、藤木俊一、そして私(トニー・マラーノ)にインタビューを行った。インタビューに先立ち、出崎氏は我々に対し、このドキュメンタリーの立ち位置は、両者の主張に対して中立を維持する事を保証した。

映画は韓国の釜山で封切りされた。私が知る限り、それ以前に東京で2回の試写会があった。東京での2回の上映会に参加した2人の友人によれば、この映画は朝鮮半島の慰安婦マフィア共の捏造に賛同する意見に偏っていたとの事である。

>>> youtube.com

スポンサーリンク