最初から返品前提で旅行で着用して写真を撮るのが目的だというのがバレバレですけど、 平然とウソををついて、おまけにメディア批判までやっちゃいますから…

【関連】---
【動画】中国、スマホ充電池の返品、返金して返送小包を開けてみたら「石」だった
【米国】中国人留学生が偽iPhone数千台を返品し本物と交換!詐欺で1億円荒稼ぎ

20190514-3
20190514-4
20190514-5
>>> image :weibo.com

ネットで購入した18着の衣服、旅行で着用後に「好みじゃないから」と返品を要求―中国

2019年5月11日、北京青年報によると、18着の衣服をインターネット通販サイト・淘宝(タオバオ)で購入した中国・寧波のある女性がそれらを返品したいと店側に要求した。女性はこれらの服を着て旅行へ出かけていたという。

記事によると、この女性は4月25日、4600元(約7万6000円)余りで18着の衣服を購入した。しかし今月5日になって「好みではないから」という理由で店舗に返品したいと要求。店主と女性が微信(WeChat)を通じてやり取りを開始したところ、この女性が購入した衣服を着用してチベットに旅行へ行った写真がグループチャット内に投稿されていることに気付いたという。

記事は、店舗側は当初は着用していない9着のみ返品に応じることにしていたが、「女性がそれでも返品を要求したため」18着すべてについて応じることにしたことを紹介。店主は「もうこの件に振り回されたくない」と話しているという。しかし、女性は自身の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)上で「全部返品したいなどとは言っていない」と反撃すると同時に、本件を報じたメディアに対し「なぜうそばかり伝えるのか。これはネットの暴力だ」と批判している。また、返品を要求した衣服を着用して写真を撮ったことについては「調子に乗っていた。写真を撮っただけだからいいだろうと思っていた」と釈明している。

記事によると、店主はこの件を公開した理由を「同様の件で困っているのは自分だけではない。悪意のある購入者に対して『調子に乗らないで』と伝えたかった」と話しているという。

本件は中国ネットでさまざまな意見が上がっている。旅行中に着て写真を撮ったことについては「試着ならいいけど、それを着て外に出るっていうのは違うでしょ?」「彼女、このやり口結構やってるんじゃないの?」「おかしいでしょ」などと厳しい声が上がっている。

なお、本件がきっかけとなって購入者の本名や出身大学までもがネット上でさらされる事態となっている。これについては「さすがにやり過ぎでしょ」「これはかわいそう。迷惑な行為をしたかもしれないけど普通の女の子に対してここまでする必要ないんじゃない?」「プライバシーの侵害だ」などと、批判の声も多く見られる。

>>> news.livedoor.com