離陸前の燃料切れは珍しくても、2時間の離陸待ちは日常的なのでしょう。 なにしろ定時運航なんてありえないのが中国のフライト事情みたいですから…

【関連】---
【中国】経済専門家「中国では10億人が飛行機に一度も乗ったことがない。」
【中国】英紙の取材で判明か「中国のパイロットは操縦席での喫煙は当たり前」

長すぎる離陸待機時間→燃料不足で引き返す 中国聯合航空機が北京で

「離陸前に飛行機の燃料が切れる 乗客:200回以上の搭乗で初遭遇」と題した動画がネット上で話題を集めている。

あるネットユーザーが語ったところによると、搭乗した中国聯合航空(China United Airlines)KN5769便は、北京南苑空港(Beijing Nanyuan Airport)で2時間ほど離陸を待っていたが、飛行機の燃料が切れ、給油のために滑走路を引き返した。給油車による燃料補給を終えた後、再び離陸の順番を待ったという。

「これまで200回以上飛行機に搭乗したけど、こんなことは初めてだよ」と別の乗客は話していた。

このことについて中国聯合航空は15日、「KN5769便は、航空管制の指示で離陸を待つ際、エンジンが地上で長期間稼働し続けていたことで、搭載燃料が予定していた量より少なくなった。同機は正常な手順で給油を行った後、安全に離陸した」と説明している。

>>> headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク