自慢の高速鉄道も赤字路線だらけですし、おそらくは航空路線も…。 しかし、中国って国はどんな仕組みになってるのやら、このままイケイケドンドンでいけるのか…

【関連】---
【中国】自慢の鉄道事業の負債、2018年純利益の約2580年分!負債残高87兆円に
【中国】自慢の高速鉄道、速いはいいが作りすぎて総負債86兆円!赤字路線だらけ

20190610-3
>>> image :weibo.com

中国の地下鉄の多くが赤字、6都市は旅客輸送量の最低目標に届かず―中国メディア

2019年6月9日、中国メディアの観察者網によると、中国の地下鉄は多くの都市で赤字となっており、旅客輸送量が目標に届いていないところもあるという。

記事によると、近年中国では地下鉄が急速に発展し、現在では33都市で地下鉄が開通。すべての都市の地下鉄を合わせた総延長距離は4600キロに達する。特に、この10年だけで新たに21都市で地下鉄が開通しているという。

しかし、記事は「多くの路線が赤字になっている」と指摘する。18年には30以上の都市で6000億元(約9兆6000億円)をかけて地下鉄を含む都市間鉄道の建設が行われたが、収支バランスが取れている都市は少数だという。

記事は、「28都市を対象にした概算統計によると、18年に全国の都市間鉄道の1本1キロ当たりの運営経費は平均で23.8元(約380円)で、営業収益は17.2元(約275円)に過ぎない。1人キロ当たりの運営経費は平均0.84元(約13.4円)だが、営業収益は0.48元(約8円)だ」と指摘した。

記事によると、18年は杭州、青島、深セン、北京の4都市だけが「収支バランスが取れていた」というが、その他の24都市は赤字運営だという。また、「18年の収支比率はわずか78%で、17年と比べ8%減少した」とも伝えた。

旅客輸送量については、19年4月の時点で北京、上海の1日当たりの旅客輸送量は延べ1000万人を超えており、他の12都市でも100万人を超えているという。一方で、昆明、寧波、アモイ、東莞、貴陽、ウルムチの6都市は、15年に国家発展改革委員会によって地下鉄建設の要件に定められた「1日1キロ当たりの旅客輸送量が延べ7000人を下回らないこと」という基準に達していないという。

>>> news.livedoor.com