どうやら、罠だった可能性が大のようです。 どこまでが罠なのかはいろいろ言われていますが、立法会占拠を暴力事件としたかったのは間違えないようです…

【関連】---
【動画】香港デモ、デモ隊が排除された後の議会、破壊と落書き!これはひどい
【動画】香港デモ、立法会にデモ隊が突入し占拠!機動隊が警棒、催涙弾使用し排除

>>> 当局の罠だった?!疑惑の残る立法会占拠事件

当局の罠だった?!疑惑の残る立法会占拠事件

7月1日夜、香港ではデモ隊が一時的に立法会を占拠しました。しかし、その直前に中で待機していた警官隊が突然全員撤退しました。デモ隊の一部の人の過激な行動や警察の不審な動きから、事前に仕掛けておいた罠ではないかと疑われています。いっぽう、民意を無視し続ける香港政府に対し、多くの市民は絶望感を抱いています。

香港が中国に返還されて22年になる1日、朝から抗議活動が続き、立法会の周辺ではデモ隊と警官隊が対峙していました。午後9時頃、立法会の中で待機していた警官隊が突然撤退し、その後デモ隊がシャッターを押し上げて中に入りました。

午後10時21分、香港警察当局はフェイスブックの公式ページにおいてデモ隊を非難する動画を投稿しました。しかし、目ざといネットユーザーが警官の腕時計の時刻が5時過ぎになっていることに気づきました。

台湾の「中央社」などのメディアも、なぜ警察側は5時の時点でデモ隊が午後9時に立法会に突入することがわかっていたのかと疑問を投げかけています。

香港民主派議員張超雄(フェルナンド・チャン)氏も、警官隊の撤退は当局が仕掛けた罠であると疑っています。

>>> youtube.com