立憲民主党は完全に悪ですが、国民民主党はバカなだけ悪ではないような気がします。 見てる分には楽しいのでやりたいようにやらせてあげたいです…

【関連】---
【動画】国民民主党が戦国コスプレCM動画!足立議員「これ全部、国民の税金で」
【動画】国会、自民・三原じゅん子が野党に「恥を知れ!」とハマーン様ばりの演説

国民、アキバに立つ!玉木代表、リーダー自らガンダムのコスプレ

参院選最初の日曜日となった7日、国民民主党の玉木雄一郎代表(50)は同党の公認候補と共にアニメの聖地、東京・秋葉原に「機動戦士ガンダム」のコスプレ姿で登場した。近年の国政選挙で自民党が最終演説の地にして勝利を重ねてきた“聖地”でもあるが、玉木氏は「アキバはこちらのものだ」と乗っ取りを宣言した。一方の自民は安倍晋三首相(64、党総裁)が公示後初の東京入り。JR中野駅北口などでマイクを握った。

秋葉原といえばアニメの街。駅前にはアニメ「機動戦士ガンダム」にちなんだ「ガンダム・カフェ」もある。その地に玉木氏はガンダムのパイロットで主人公「アムロ・レイ」の、同党公認候補の水野素子氏(49)はヒロイン「セイラ・マス」のコスプレ姿で現れた。

玉木氏は記者団の前で開口一番「いい感じだろう?」とうれしそうな表情。トラックの荷台を利用した演説ステージに上がると、隣の水野氏に「似合っています」と語りかけ、トークライブをスタートした。

熱烈なガンダムファンという玉木氏。「ガンプラ世代で、いっぱい作った。シャア専用ザクよりも量産型ザクが好きだった」と熱っぽく語る。水野氏も「私もアムロよりもシャア(の方が好き)だったりする」とにこやかに相づちを打った。

東京選挙区に立候補した水野氏は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の現役幹部職員。「宇宙下着」を民間企業と共同開発したことなど、宇宙に関する話題を中心にトークが進んでいった。

玉木氏はコスプレが気に入ったようで、イベント後も“アムロ玉木”として会場周辺で記念撮影に応じるなどサービス。この日は七夕で、報道陣から短冊にどんな願いごとを書くか聞かれると「ジオン(自民)をやっつけられるよう、地球連邦軍として頑張りたい」。今回のイベントについては「若者からの手応えを感じた」と語った。

秋葉原は自民の“聖地”でもある。2012年衆院選以来、5回の国政選挙を締めくくる場所にし、いずれも勝利した縁起のいい場所だ。これにあやかろうとしたのか、陣営関係者は「今日は秋葉原で活動するというのが、まずあった」。選挙で縁起がいい地=アキバ=アニメ=ガンダムと結びついたようだ。玉木氏は最後に「アキバはこちらのものだ」と宣言。アキバ乗っ取り作戦は成功なのか。結果は投開票日の21日に分かる。

>>> sanspo.com