ファーウェイ問題でカナダ人、香港問題で英国人、そして、今度は台湾1国2制度問題で台湾人を拘束、 立て続けに拘束しています。「中国に観光に来てください」とか言ってますが、怖くて行けませんって…

【関連】---
【動画】中国、またもや人質外交?今度は英国人4人を逮捕!香港問題か
【動画】台湾、また中国が圧力!在フィジー公館の名称から「中華民国」消える

>>> 陸開鍘金融詐欺! 台12分析師到案說明3人遭拘留

>>> youtube.com

相次いで外国人を逮捕する中国当局 「人質外交」で各国に圧力か

台湾の対中政策を担当する行政院大陸委員会は13日、中国上海市警察当局が9日、台湾人の証券アナリスト12人を詐欺の容疑で拘束したことを発表した。中国当局は先日、英国民4人とカナダ国民1人を拘束したばかり。当局は「人質外交」を通して、各関係国に圧力を強めているとみられる。

逮捕された12人は上海市にある証券取引のノウハウや講座を提供する会社、上海仟和億教育培訓有限公司に勤務しているが、中国本土の証券外務員の資格を持っていない。違法な証券取引の勧誘やインサイダー取引に関与したとされている。

大陸委員会の邱垂正報道官によると、現在9人は保釈され、3人が拘留されている。

逮捕のタイミングが注目されている。今月8日、米国務省は総額2億ドルの台湾への武器売却を承認した。中にはM1A2エイブラムス戦車、携帯式スティンガーミサイルなどのハイテク兵器が含まれている。

また、蔡英文総統は12日、カリブ海諸国を訪問するため、米国に立ち寄り、コロンビア大学で台湾の民主化について講演した。総統は、中国当局が掲げる「1国2制度」を批判し、「台湾は絶対に受け入れられない」と述べた。

今回の12人の逮捕は、この一連の動きをめぐって、中国当局による台湾への報復措置だとみられる。

詳細 >>> news.livedoor.com

スポンサーリンク