はたして中国の人たちに日本独特の「うんこ文化」は受け入れられるでしょうか? これを喜んでくれれば、この先日中関係はいい方向に向かうかもしれません…

【関連】---
全例文で「うんこ」を使った小学生に大人気の「うんこ漢字ドリル」がガチャに
【動画】中国、アジア人なら当たり前の「うんこ座り」、欧米人にはできない?

20190905-4

「うんこミュージアム」初の海外展開先は上海、過去最大規模でオープン

「うんこミュージアム」初の海外展開先は上海、過去最大規模でオープン アカツキライブエンターテインメントとカヤック(本社・神奈川県鎌倉市)が手掛ける娯楽施設の「うんこミュージアム」が「うんこミュージアム SHANGHAI」として、10月19日から2020年1月3日まで、上海市内の大型商業施設である「上海静安大悦城」に開設される。アカツキライブエンターテインメントが3日付で発表した。

「うんこミュージアム」は「日本初の新しい体験エンターテインメント」の位置付け。すでにオープンした横浜・アソビルの「うんこミュージアム YOKOHAMA」についてはデベロッパーや自治体からの問い合わせも多く、次いで営業を開始したダイバーシティ東京プラザの「うんこミュージアム TOKYO」も当初の想定以上の来場者数という。

上海での展開に当たっては上海○金文化伝播(○は金へんに「白」)と上海平方文化発展が協力。中国での施設名は「便便駕到UNKO MUSEUM」。会場面積は703.4平方メートルで、「YOKOHAMA」の612.2平方メートル、「TOKYO」の663.2平方メートルを上回る過去最大規模。アカツキライブエンターテインメントによると、今後も海外への展開を意欲的に進めていく。

>>> news.livedoor.com

スポンサーリンク